支払督促って何?

こんばんは。ホスピタリティ弁護士の長屋です。

今日も気持ちのいいお天気でしたが、中国の「PM2.5」の話題が私の気分を害しました。

さて、気を取り直して、貸したお金が返ってこない、売掛金が支払われないなどありますよね。

確かにご相談を受けても、そもそも相手に資力がなく「無い袖は振れない」状態であることも多いですが、相手の状態も分からないのでやるだけやってみたい方にお勧めです。

支払督促は、金銭、有価証券、その他の代替物の給付に係る請求について、債権者の申立てにより、その主張から請求に理由があると認められる場合に、支払督促を発する手続であり、債務者が2週間以内に異議の申立てをしなければ、裁判所は、債権者の申立てにより、支払督促に仮執行宣言を付さなければならず、債権者はこれに基づいて強制執行の申立てをすることができます。

異議の申し立てをされると通常訴訟になってしまいますが、債務者に取り立ての意思があることを伝えるには十分に効果があります。

では、具体的な手続きはまた次回に。